マイヅルテンナンショウ

マイヅルテンナンショウ
Arisaema heterophyllum

▲撮影:2019年5月、茨城県小貝川

●分布:岩手県以南~九州
●花期:5~6月

湿地性のテンナンショウ.ウラシマソウの仲間以外で唯一,花序の付属体が長く伸びるテンナンショウ.ウラシマソウでは,この付属帯は垂れ下がるが,本種では直立する.識別の難しいテンナンショウ類の中では非常に特徴的で分かりやすい.

広域に分布するテンナンショウの中では特に希少な種で,絶滅危惧II類に指定されている.関東低地の湿地や河川敷に点々と自生地が知られているが,その他の地域では見ることが難しい.ネット上にあげられている写真の多くは,渡良瀬遊水地か,このページのものと同じく小貝川河川敷で撮影されたものと思われる.

柏市にも本種が生育する公園があって見に行ったことがあるが,鬱蒼とした雑木林の中のギャップに十数株が群生していた.現在は管理によって明るい環境が維持されているようだが,ひとたび管理されなくなれば,すぐに無くなってしまいそうな環境だった.

葉の形が鶴が翼を広げたところに似ているため,マイヅルという風流な和名がつけられた.


オモダカ目(Alismatales) / 植物(Plants) / Top-page