トビギンボシシャチホコ

トビギンボシシャチホコ
Rosama ornata

●撮影:2015年5月,大阪府豊能町

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:5,7~8月
●ホスト:ヤマハギ

燃える炎のような赤色が美しいシャチホコガ.和名に従うならば鳶色と呼ぶべきか.頭部が猫耳のように尖っていて,腹部の後端が魚の尾びれのように2又に分かれていて可愛い.ホストは山野の林縁に普通に生育するヤマハギだが,中々珍しいシャチホコガで出会った回数は少ない.乾燥気味の疎林や草原的な環境を好むのではと考えている.

▲撮影:2020年6月,岩手県宮古市
海岸付近の乾燥した樹林帯でライトトラップをすると飛来した.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Top-page