アオセダカシャチホコ

アオセダカシャチホコ
Rabtala splendida

●撮影:2018年6月,岩手県普代村

山地性の大きなシャチホコガで,成虫は初夏から真夏にかけて出現します.

セダカシャチホコよりも色が黄色っぽく,さらに黒色が重なります.前翅の前縁が白いのも美しいです.また,本種のほうが一回り小さいです.本種もセダカシャチホコと同様にかっこいい鶏冠が特徴です.セダカシャチホコよりも寒冷な場所で見られます.

岩手県ではセダカシャチホコよりも本種のほうが多く見かけるくらいです.ホストはブナ科が知られています.写真のものは,岩手県沿岸部のキャンプ場の灯火で発見しました.周辺はミズナラやアカマツの樹林帯でした.


シャチホコガ科(Notodontidae) / 昆虫(Insect) / Toppage