ハイイロリンガ

ハイイロリンガ
Gabala argentata

●撮影:2019年3月,大阪府豊能町

●分布:青森県以南~九州
●成虫の出現時期:4~11月
●ホスト:ヌルデ

ヌルデを食草とする美しい蛾.燃えるような色と網目模様が特徴です.北東北ではヌルデの分布がかなり限られているため見かける機会が少ないが,岩手県内でも4月中旬に宮古市内で出会ったことがある.

この写真は,2019年の春に大阪府の渓谷沿いの無人駅で撮影した.1年半ほど蛾を観察に訪れていたスポットだったが出会えたのは初めてであった.この春最初の感動であった.夏の蛾だと思っていたのだが,成虫越冬もする蛾らしい.写真の個体は成虫越冬の割に非常に新鮮なので,晩秋に羽化してほぼ活動しないまま春を迎えるのかもしれない.


コブガ科(Nolidae) / 昆虫(Insect) / Toppage