キノカワガ

キノカワガ
Blenina senex

●撮影:2019年3月,岩手県花巻市

●分布:本州~九州
●成虫の出現時期:6~3月
●ホスト:カキノキ

成虫越冬する蛾で,早春に外灯に飛来した個体を見つけることが多い.冬の間は樹皮にとまってじっとしているらしい.夏や秋には稀にライトトラップに飛来してくる.狙っては出会えず,何とも捉えどころのない蛾.

岩手県では低地を中心に見られる.野生ではカキノキは見られず,里地に植えられたものや野生化したものから発生していると思われる.


コブガ科(Nolidae) / 昆虫(Insect) / Toppage