エゾクロギンガ

エゾクロギンガ
Chasminodes atratus

●撮影:2019年7月,岩手県宮古市

真夏の山地に現れるギンガの仲間で,オスは前翅の大部分が黒色を帯びていることが特徴です.メス個体は黒く染まらずウススジギンガに似た見た目らしいのですが,シーズン中にはそれを知らず確認できませんでした.来年の課題とします.

岩手県内では7~8月によく見られるギンガの仲間です.ホストは知られていないようですが,得られた環境からブナ,オヒョウ,ハルニレ当たりは外せると思います.普通にミズナラあたりでは,というのが予想です.

写真の個体は,宮古市内の道の駅の外灯で見つけました.2019年のテーマの一つはギンガでした.縁がなかったうえあまりこのグループを認知していなかったのですが,今年は気を付けて探してみると5種類ほどのギンガを見ることができました.


ヤガ科4(Noctuidae4) / 昆虫(Insect) / Toppage