スギタニゴマケンモン

スギタニゴマケンモン
Harrisimemna marmorata

●撮影:2019年7月,秋田県鹿角市

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:
●ホスト:オオカメノキ

真夏の山地に現れる変わった模様の蛾.不思議な模様の蛾で似た種類は国内にいないが,同じケンモンヤガ亜科のオオシモフリヨトウの一部を丸い紋に変えると本種になります.

ホストはオオカメノキが知られている.オオカメノキは東北地方では海岸線の樹林帯から森林限界ぎりぎりまでどこにでも生えている樹木だが,本種が見られるのは高所に限られているようで,ダケカンバやブナが優占するような標高800m以上の亜高山帯で出会うことが多く,低地ではほとんど出会ったことがない.

写真は,八幡平の秋田県側の麓でのライトトラップに飛来しました.周辺はブナ林が多く,道沿いにはホストであるオオカメノキが多数生えていました.

*撮影記録
2018年7月,青森県八甲田南麓2019年7月,秋田県鹿角市(八幡平山麓)
2020年7月,岩手県葛巻町


ヤガ科3(Noctuidae3) / 昆虫(Insect) / Top-page