ユミモンクチバ

ユミモンクチバ
Melapia electaria

●撮影:2019年6月,岩手県宮古市

前翅の黒いラインが特徴的なシタバガの仲間.ギンスジエダシャクにも似たような雰囲気だが,同じく河川敷や湿地などの草地に現れます.ホストはイネ科のオヒシバなどが知られています.

東北地方では多くないが,河川沿いや高原の草原で時々見つけている.全国的にはやや珍しい種類のようだが,関東でも河川敷や湿地で見られるようだ.特徴的な模様の種類なので,出会う度に撮影してしまう種類だ.

写真の個体は,宮古市内の河川敷に沿うコンビニに飛来していたものを撮影しました.ツインストロボ練習中の写真なので,影が両側に出てしまいました.背のあるヤガ科では時々こうなってしまいます.


ヤガ科2(Noctuidae2) / 昆虫(Insect) / Toppage