エゾギクキンウワバ

エゾギクキンウワバ
Ctenoplusia albostriata

●撮影:2019年12月,千葉県野田市

●分布:北海道~南西諸島
●成虫の出現時期:6~10月
●ホスト:エゾギク,ヒメジョオン,アレチノギク,キンセンカ

白い筋が特徴的なキンウワバの仲間.他のキンウワバとは異なり,どこにも金属光沢はなく地味である.都市部にも出現するので,地下道やコンビニの灯りに飛来している個体を発見することもある.

写真の個体は,河川敷付近の林に植えられたツバキ?の花に吸蜜に訪れていた.さすが,関東地方ではこんな時期でもまだ蛾が活動しているのですね.

▲撮影:2015年8月,平湯
白紋がないタイプ.


ヤガ科2(Noctuidae2) / 昆虫(Insect) / Toppage