キシタバ

キシタバ
Catocala patala

●撮影:2019年8月,岩手県大槌町

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:7~8月
●ホスト:フジ属,コナラ属

後翅が黄色いカトカラ類で国内最大種.雑木林の普通種で,真夏に夜の樹液を見に行くと飛来していることが多い.低地の雑木林における定番種で,ライトトラップにも樹液にもやってくる.

関西や関東の平地で外灯に飛来しているのは一度も見たことがなかったが,大槌町内の海岸近くの林でライトトラップをすると毎度のように飛来する.思うに,都市部では光に寄らないように適応しているのではないだろうか.


ヤガ科2(Noctuidae2) / 昆虫(Insect) / Top Page