カザリツマキリアツバ

カザリツマキリアツバ
Tamba igniflua

●撮影:2015年,大阪府

●分布:本州~九州
●成虫の出現時期:5~9月
●ホスト:アラカシ

様々な模様が散りばめられた豪華な印象の蛾である.常緑カシを餌とすることからも南方系の蛾で,関西では珍しくないが,岩手県では沿岸部最南端の岬に一例記録があるのみである.温暖化により,岩手でもそのうち珍しい種ではなくなるだろう.


ヤガ科1(Noctuidae1) / 昆虫(Insect) / Toppage