ベニスジアツバ

ベニスジアツバ
Phytometra amata

●撮影:2020年8月18日,岩手県釜石市

●分布:本州〜九州
●成虫の出現時期:6〜9月

1 cmにも満たない小型アツバ.秋田県名物ババヘラアイスを彷彿とさせる薄桃色とクリーム色の組み合わせが大変美しい.草原性の蛾.ネット上に日本産個体の他の生体写真はなく,近年ではかなりの珍品だと思われる.ちなみに,日本の蛾(学研,2020)では誤ってキンスジアツバの写真が掲載されてしまった.

写真の個体は,海岸付近のトンネル内の常夜灯に飛来していた.付近は,震災後に更地になって植生が薄い荒地も多く,草原性の本種の生息に適した環境が残っていたのかもしれない.

憧れの蛾の一つだったが,岩手県内ではもともと産地が少ない上に近年の記録がなく,ほとんど諦めかけていた.久々に,見つけた時に声が出るほど嬉しかった種だ.かつて付近の山に産地が知られていたが,まだ生き残っていたようだ.


ヤガ科1(Noctuidae1) / 昆虫(Insect) / Toppage