ニッコウエダシャク

ニッコウエダシャク
Lassaba nikkonis

●撮影:2019年5月、秋田県仙北市

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:3~5月
●ホスト:リンゴ、ミズナラ

春を代表する大きめのエダシャク。一見地味なエダシャクだが他のエダシャクよりも横に幅広いので、すぐに本種であると分かる。胸部に大きな黒い筋があること、後翅のギザギザが特徴的。

写真の個体は、ブナ林内にある温泉街の入り口看板に飛来していた。5月も終わろうとしているが、雪の多いブナ林ではまだ春が始まったばかりだ。


エダシャク亜科2(Ennominae) / 昆虫(Insect) / Toppage