ミミモンエダシャク

ミミモンエダシャク
Eilicrinia wehrlii

▲写真1:2020年6月、岩手県宮古市

●撮影:2020年6月,岩手県宮古市

●分布:北海道,本州,九州
●成虫の出現時期:6~7月
●ホスト:ハルニレ,オヒョウ

ハルニレ食いの山地性エダシャク.面白い模様をしているため出会うと嬉しい種.一見ニワトコドクガやツマトビシロエダシャクに似ている.岩手県でも本種のようなハルニレ食いの種にはやや出会いにくいが、本種は比較的得やすい方。高標高地の高原や緩やかな川沿いでライトトラップをすると飛来してくれる.条件が合えば海岸線付近にも分布している.

宮崎県南部の低地照葉樹林には何故かハルニレが多産しており、本種も珍しくない。東北とは違い、九州の個体は黄色が濃い。色合いはキイロミミモンエダシャクに似ている。

▲写真2:2022年7月9日、宮崎県日南市

エダシャク亜科2(Ennominae) / 昆虫(Insect) / Toppage