ベニカメノコハムシ

ベニカメノコハムシ
Cassida murraea

●撮影:2020年6月,岩手県北上高地

●分布:北関東~東北地方
●寄主植物:ミズギク,ヤブタバコ,サジガンクビソウ

赤色をした珍しいカメノコハムシの仲間.秋に成虫が発生して越冬する.この時は薄緑色をしているらしい.春,初夏に繁殖のために活動を再開する.北東北以外では中々見られない.

ミズギクやヤブタバコなどにつく.ミズギクは明るい湿原にしか生えないので多くはない植物だが,ヤブタバコは渓流沿いの林道などに多数生育している.実は本種も結構たくさんいるのかもしれない.

写真のものは,湿地に生育するミズギクの上に見つけた.薄々本種狙いではあったのですがあんまり期待していなかったので,本当にいた!て感じで中々に興奮した.さすがに落ちて見失うと悲しくなりそうだったので,確保してから撮影した.次回見つけたときはちゃんと寄主植物の上で写真を撮りたい.


ハムシ科(Chrysomelidae) / 昆虫(Insect) / Top-page