アマヒトリ

アマヒトリ
Phragmatobia amurensis japonica

●撮影:2016年8月,岩手県大槌町

●分布:北海道~九州
●成虫の出現時期:7~8月

やや寒冷地性のヒトリガで,東北地方ではどこでもよく見かけます.三陸では,6月頃から8月までコンビニなどの灯りによく落ちているのが見られる.一般に7~8月に出現する夏の蛾とされているが,実は4月下旬頃にも少数発生しているらしい.前翅の色は何ともいえない渋い赤褐色で美しい色をしています.

食草はクローバーなどどこにでもあるマメ科の雑草のようで,名前の由来ともなったアマの害虫でもあったようです.アマはかつて繊維の原料とされた植物で現在はほとんど栽培されていません.栽培植物の衰退と共に姿を消す種もいる一方で,本種は他の雑草を広く餌にするので普通に見られる.


ヒトリガ科(Arctiinae) / 昆虫(Insect) / Toppage