ユキムカエフユシャク

ユキムカエフユシャク
Alsophila inouei

●撮影:2021年12月、岩手県田野畑村

●分布:北海道,本州
●成虫の出現時期:11~12月
●寄主植物:ヤマハンノキ

初冬に現れるフユシャク亜科のフユシャク。シロオビフユシャクに似ているが、本種では前翅外横線が強く曲がらないのが特徴。関東地方ではハンノキ林のある低地にも産地があるようだ。シロオビフユシャクよりも出現はやや早い。無機質な和名が多い蛾の中では、雪迎えという非常に風流な名前は珍しい。

岩手県の大蛾類によると、岩手県での記録は少なかったようで見つけられるか心配であったが、ヤマハンノキの多い峠でライトトラップをすると、シロオビフユシャクばかりの中にちゃんと飛来してくれた。

●撮影:2019年11月,岩手県大槌町


フユシャク亜科(Alsophilinae) / 昆虫(Insect) / Top-page