ヌメリコウジタケ

ヌメリコウジタケ
Aureoboletus thibetanus

●撮影:2015年7月,大阪府豊中市

夏~秋に広葉樹林内に発生するイグチの仲間.独特な見た目をしているので分かりやすい種.毒は確認されていないが,酸味があるためあまり食用にされない.

全体的に強いぬめりで覆われていることが最大の特徴.傘表面は赤みのある褐色で凹凸がある.柄は赤色を帯びた淡色をしている.管孔はレモンイエロー.夏に低地の落葉樹林に発生するイグチで,ぬめりが多い種は少ない.


イグチ目(Boletales) / 菌類(Fungi) / Top-page