ウラベニホテイシメジ

ウラベニホテイシメジ
Entoloma sarcopum

●撮影:2014年10月,山梨県

山地の落葉樹林に秋に発生するキノコ.傘の直径10 cm,柄の長さ20 cmとかなり大型になる.クサウラベニタケなどに似ているが,傘に指で押し込んだような丸い模様があることが特徴.食用であるが苦味があるという.


ハラタケ目(Agaricales) / 菌類(Fungi) / Top-page