タチキランソウ

タチキランソウ
Ajuga makinoi

▲写真1:2022年5月7日、兵庫県多可町

●分類:
●分布:関東~東海地方
●花期:4~5月

キランソウと異なり、花の上唇が2裂する(うさ耳みたい)ことが大きな特徴。樹林帯の林床に生え、キランソウのように人里の明るい場所には生育しない。

図鑑では関東~東海地方の分布となっているが、兵庫県西部の山にも見られるようだ。写真のものは葉の艶が弱い点が少し変な個体。何か別の種が混じっているのかもしれない。また小さな株しか見られなかったが、それは鹿の食害が多い地域であったからかもしれない。

▲写真2:2022年5月7日、兵庫県多可町

シソ目(Lamiales) / 植物(Plants) / Home